ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



こんばんは!odazoです


ロケが続いております

とても充実した撮影にお客さんも大満足!

してくれているハズ!



僕達はフォトグラファーであり表現者と思っています

毎回同じポーズや同じ場所で工場の流れ作業のような

システム化された撮影はしたくありません

なので毎回その場でポージングも考えますし

いつもどこか良いロケーションを探しています



なのでポージングを考える時に僕は1分ほどフリーズしていますが

気にしないでください



あ、和装のスタジオ写真は基本系で撮ってます

時間に余裕があるときは基本系から崩して遊んだりもします



focoのサンプル写真集を見られて

自分達にはこれは無理かな~と思う人もいると思います

サンプル写真集はもちろん本物の新郎新婦でヤラセではありません

ただサンプルにしている人たちは物凄くやる気がありました

絵になるかどうかはこういう要素も大きいと思います

やりきったほうが良いのです

従来のようなお写真みたいなものならfocoでなくても構わないと

思うんですね




別に従来のものを否定しているわけでもありません

従来のものならfocoでなく伝統ある老舗の方が良いかもしれない

と思ったりもします



僕は婚礼の写真もドレス広告やウェディング雑誌を

撮っているつもりで撮影しています

見るものをより惹きつけるようなメッセージ性の強い写真や

より綺麗に美しい花嫁とそれを活かすロケーションや背景など

まあ、僕達の写真をみて何処がいいのか

それを理解してくれているお客さんほど撮りやすいですね




さて、話は変わって写真写りのお話

今日も打ち合わせでお客さんに言ったことなのですが

出かける前に鏡で自分をみますよね

その顔がその人の脳内自分的標準顔だと思うんですね

それ以下だと写真写りが悪いと思うし

それ以上だと気に入るという傾向にあると思います


やはり見る角度によって顔やスタイルなども変化します

僕はまずどこから見ると一番その人が可愛くみえるだろうか考えます

撮影中ももう少し顔上げてとか下げてとか

もう少し外向きでとか体をグイっとひねって!とか言っていますが

ファインダーから覗いた状態で一番その人が綺麗に写るように

スッと綺麗なラインになるよう誘導しています




良いのが撮れたら僕は更に頑張ってもらうために

モニターで本人に見てもらっています

「自分じゃないみたい」と言わせるために 笑

でも間違いなくアナタなのです。





さて、写真は昨日のロケから別嬪さんの写真です

かなり良いの残ってますよ!お楽しみに~



061017-01.jpg




愛媛県 松山市 結婚 前撮り ロケ ウェディング スナップ アルバム 写真集 デザイン デジタル カメラ ブライダル 広告 雑誌 撮影 カメラマン ブログ フォトグラファー






| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 DIGITAL foco photograph, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。